ようこそ! ラフォレスタへ

おかげさまで 創業20周年
まだまだ夢途中ですが
いっぽづつ ちょっこづつ 進んでいければ

ようこそ ラフォレスタへ -----------------------------------------------------------       
A MORE      金沢ならではの四季を感じるイタリア料理を
           イタリアマンマのように手間ひま愛情をたっぷり込めて


M ANGIARE    「美味しかった」「んまかったわぁ」というお客様の笑顔を忘れず
           安心安全顔の見える食材達と伝統・文化・料理技法との出逢いと融合


C ANTARE     「来てよかった」「おもしかった」という時間(ひととき)と空間の
          演出と創造。そして、おもてなしの心でお手伝いをする

 
img_20150314-004603.gif

ザワタリアンって?-------------------------------------------------------------------------------------------

創業当時は、「金沢旬感イタリアン」というコンセプトを意識しながら、現在の「ザワタリアン」に至ります。
私が、初めてイタリアで出会った料理や人々、文化などにカルチャーショックを受けて帰国し、なぜか?自分の育った子どもの頃の「金沢」の下町風景や人情、環境と同じだったのです。。。
石の建物&木造・イタリア語&日本語・キリスト教&仏教・etc・違いはあれど、なにか同じ空気を感じて、なぜかドスン?と全神経に雷が落ちたような瞬間でした。。。  そして、数年後に念願の創業となります。
そして、考えてみればみるほど、、、行きつくところは、、、
シンプルに==金沢で食べれる 金沢でしか食べれない イタリア料理==でした

余談ですが・・・・・
当時の金沢の道路や店舗・商業施設の地図や営業内容を知る人ならわかると思いますが、
いまでこそ、北陸新幹線の開業で駅周辺はとても立派になりホテルや店舗も増えてある種都会的になっていますが
人の集まるところ=飲み会=片町! であって、香林坊にようやく大和や109が移転したころ?竪町もとても賑わっていました頃ですので、
郊外で店舗を出すのはある意味、ながぁ〜〜〜いスパンで考えないと難しい勇気のいる時代でした。
東京などの中央資本のお店以外で郊外店舗を出す先陣でしたからね。。。。 
金沢にもイタリア料理店なんて、多分うちのお店以外に1店舗しかなかったと思う。


その当時=東京や関西で、イタリアンのお店に行っても
べらぼうに高かったし、イタリアで食べるのと変わり映えがないのがいいのか?℃のお店も似たような感じで良いのか、どうなのか? パルマハム切って、ピッツァ焼いて、バルサミコ酢掛けて、イタリア野菜があればいいん?的な思いの中にも、確かに内装や店舗サービスには、資本もコストもかかっているようですし〜シェフがイタリア人やとか有名著名やとか(ご本人はお店にはおいでませんが、、、)で、、、
下町のおでん屋育ちの息子としては、なんか・・・ちがう!?
で、、やっぱり最後になっても==ここ金沢でしか食べれないイタリア料理==やったんです


img_20150314-005607.gif
 
私のカガノトザワタリアンとは?--------------------------------------------------------------------------

今でこそ、地産地消・スローフード・じわもん・加賀能登野菜・産直・無農薬減農薬・食育などと
言われ続けて当たり前になっておりますが、もともと日本はアメリカ文化が主流ですので、高度成長期には
大量生産大量消費と大量流通が当たり前になってしまい、残念ながら昔ながらの良い部分が切り捨てられてきた時代がずっとありましたよね。チキンやらハンバーガーが安くて速い美味しいとか、なんとか。。。。
でも、、本当に美味しいのは皆さんの家庭のご飯であって、おかぁさんおばぁちゃんのみそ汁やったり
おつけもんやったり炊いたお魚でないですかね?。。。。って思うんですよ
ここでもシンプルに考えると、、、
地元・金沢は春夏秋冬それぞれにおいしいお魚がいっぱいある。お水もおいしいしお米や野菜もおいしい。
海も近いし、山も近いし平野もたくさんある。
近くには、畜産農家もあるし昔からの食文化も歴史や伝統がある。
それに、、、犀川=アルノ川 手取川=ポー川 能登島=シチリア なんて、、勝手に想像を膨らませ
地元の「いたりあごはん」屋さんたるべく、いろんな意味で顔の見える商売がしたかったし、
もっともっと、身近な食材や地場のもんでイタリア料理を幅広く知ってほしい!パスタやピッツァだけが
イタリア料理で無い事を知ってほしい!!
そういう想いが出発点であり、またわたしの ザワタリアン の原点、支えとなっており
そして、和食とイタリアンの技法を取りまぜながら〜
リーズナブル!素材を活かす!シンプル!季節感のある!イタリアンが ザワタリアンだと。。。。    

 
img_20150314-015333.gif
 
金沢イタリアンシェフオーナーズクラブ
http://kanazawaitalian.jimdo.com/